top of page

停電シミュレーション



みなさんこんにちは!望月眼科受付の清家です(o^^o)毎日とっても暑い日が続いていますが、夏バテなどされてませんでしょうか?

そんな中、私達望月眼科スタッフは、院内が停電した時を想定した「停電シミュレーション」を行いました!!

診察中に停電になったら……想像しただけでも冷や汗が出そうです(*_*)何が出来て、何が出来ないのか? 出来ることがあるなら、どんな方法で?万が一のときにどう対応すればいいか、皆で共有することが目的です。

当日は全ての電気がストップし、電子カルテやパソコンはもちろん、検査機器や院内の照明など全ての電子機器が使えないという設定でした。

院内の照明も消え、昼間なのに診察室などは真っ暗(>_<)

すぐに院内にいる患者さん役のスタッフに、手分けをして説明に向かいました。 診察室も懐中電灯で照らさないといけないくらいの暗さでした>_<

ハンディタイプの機器を使って診察しましたが、電カルが使用できない為その日の検査結果についての説明はできませんでした。処方せんも印刷ができない為、全て手書きで準備しました。


そして、診察が終わり最後にお会計ですが、こちらももちろん診療費を計算するパソコンのソフトが使用できません(-_-どの検査をしたか、お薬はでるのかなどを紙媒体で確認し、電卓で計算を行いました(^^;

全ての患者さんを対応し終わることは出来ましたが、やはり通常の倍以上の時間がかかってしまう事がわかりました。また、今の時期ですとクーラーも使えないという状況になってしまう為、お待ちの患者さんの体調も気にかけていきたいと思いました。

今回の「停電シミュレーション」を行なって感じたのは、やはり停電などのトラブルが起きないことが一番望ましいです!!

ですが………残念なことに起こってしまう場合を考えると、今回のようにシミュレーションであらゆることを想定して、事前に対策できるところはしておくことが大切だ! と思いましたd(^_^o)

これからもあらゆる状況を想定して日々の診療に望月眼科一同取り組んでいこうと思います。

まだまだ暑い日が続きますのでお身体には十分ご注意下さい٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

Comments


bottom of page