top of page

講演会に行ってきました【炎の講演家 鴨頭嘉人マンスリー灼熱のライブ 〜人生のステージを上げたい方へ〜】














広報の土井です。先日、興味深い研修企画に参加してきました。

鴨頭嘉人氏の講演を聞いて、働き方について考えよう!というものです。もちろん参加は自由です。「幸せとは何か?」「働く意義は?」「悩みはどうやって解決する?」などの疑問を持っているスタッフからの要望で、運営企画が様々なセミナーをリサーチし、鴨頭氏のセミナーへたどり着きました。今回、たまたま佐賀での開催ということもあり、みんなで参加してきました。


<鴨頭氏の略歴>19歳でマクドナルドにアルバイト入社。23歳で正社員になり、30歳で最優秀店長で表彰される。 その後も最優秀コンサルタント、米国プレジデントアワード、 米国サークルオブエクセレンスと国内のみならずワールドワイドの表彰も 全て受賞する功績を残す。その後、自己啓発分野の講演家として独立!という、なかなか特異な経歴をお持ちです。


事前にググって鴨頭氏のyoutubeを見たのですが、びっくりしました。有料の講演をタダでUPしてます。大盤振る舞いですね。そして視聴後、(そうだよね!うんうん!)って感じでポジティブな気持ちになってる自分がいます。単純です。参加は希望者のみということでしたが、実際に鴨頭氏の講演が見られる絶好の機会と思い、私は申し込むことにしました。(当院の研修は、基本的には希望者のみのため、強制で参加させられることはありません)


そして当日。会場は佐賀です。最寄り駅の電車を降りたところで、やはり鴨頭氏の講演会に行くという男子学生、博多美人と遭遇。

初対面の3人で連れ立って徒歩で会場に向かいました。道中、博多美人から「職場から鴨頭嘉人の講演会のチケットもらえるなんてうらやましいです!」としきりに言われました。勉強する機会を与えていただいたことに感謝です!


「炎の講演家 鴨頭嘉人マンスリー灼熱のライブ 〜人生のステージを上げたい方へ〜」

会場に入ってびっくりボランティア多い!テンション高い!


講演中は謎の掛け合いがありまして、鴨頭氏が「ハイっ」って感じになると、間髪入れず参加者みんなで「いいね!」と言うのが古の習わしのようでした。(あうんの呼吸と言うか、割と難易度高め)

この「いいね!」が講演中なんどもあるんです。最初は戸惑うし、恥ずかしいしでモジモジしてたんですが、中盤から会場の雰囲気に流され、つい「いいね!」が口をついて出そうになり、ハッと我に返る事がしばしばありました。


ちなみに私の左横の二人(医療事務のAさんと元ORTのYさん)は、開始早々に一線超えてしまって「いいね!」やっちゃってました。もう鴨頭色です。前に座っていたスタッフも「いいね!のタイミングが難しい。イキナリくるし」とか話してて、鴨頭ライブを楽しんでいるようでした。


そうこうしているうちに突如グループディスカッションタイムが始まったりして、息つく間もなく講演が進んでいきます。グループディスカッションのお題は「今ハマってることについて隣の人と話す(満面の笑顔で)」などなど。私としては家族にも話していない密かな楽しみを言葉に出す事になり(しかも隣はスタッフ)、気恥ずかしい気持ちでいっぱいになりました (*>ω<*)ブレイクスルーを促す狙いがあるのでしょう。大変有意義な経験でした(でも恥ずかしかった)


全体的な内容はというと

・自分のために、自分が楽しいと思う仕事をしよう!

・時代は変わった。固定概念に囚われてはいけない。選択肢は増えたし、仕事でもプライベートでも生産性は上げることができるんだ!

・人間は知らないことを無意識に否定してしまう。だから、意識的に自己肯定感・他者肯定感を持って行動し、発信していくことがお互いを認め合うことにつながり、働きやすい環境になっていく。(すごくざっくりまとめました)


鴨頭氏自身が彼の言葉を体現してます。めちゃめちゃ楽しそうに仕事してますもんね。仕事に対する姿勢や気持ちを、初心にかえってしみじみ考えさせられました。


講演後はスシローでお昼ご飯。講演会の感想など述べつつ皿を積み上げました。

 



Comments


bottom of page