top of page

新人研修

こんにちは!今年度から医療事務に入職しました市丸です。


先日、外部講師(医療に特化した組織コンサルティングの専門家)から新人研修を受ける機会があったので、その内容を紹介させていただきます。


研修内容

・ワークを通して自分の価値観を知る

・身だしなみとマナーが大事な理由・敬語について(間違いやすい恥かき敬語)

・チームワークはルールが大事

・人間関係を円滑にする技法

・急いでいる時やパニックの時でも的を得た報告ができるノウハウ

・上司が怒るのは失敗した時ではなく失敗を隠した時

・失敗しても報告が早ければ打つ手がある

・患者さんが不快に感じること(実例)

・社会人の心構え

・新人が気をつけること

・自信をつける方法

・人格を磨く簡単な方法


このように思い返してみると「充実した研修だったなぁ」と感じます。中でも印象に残ったのは以下の2つです。


・ワークを通して自分の価値観を知る

・新人が気をつけること


ワークを通して自分の価値観を知る




渡されたプリントには、(〇〇な仕事がしたい)と書かれた項目が50個ほど記載されていました。その中から自分の仕事観に近いものにチェックを入れ、自分が一番重要と思うものとその理由を発表する、というワークを行いました。




ちなみに私は「仕事を通して人間力を高めたい」を選びました。

理由は、私にとって望月眼科が初めての職場なので、仕事を通して、技術的にも人としても、一つずつできることを増やしていきたいと思っているからです。


この研修を受けている他の新人の発表も聞きましたが、「お客様や患者さんなど人と関わる仕事をしたい」など、一様ではなくて、「価値観の違う者同士が一緒に働いているんだ」ということに気づきました。



新人が気をつけること

新人ならではの実践的な考え方も教えていただきました。


例えば「マメな中間報告」

タスクを任された時は、完了したときに結果を詳細に報告するのではなく、中間報告も「短く、マメに」行う方がいい。中間報告を行うことで、先輩の心配(ちゃんとしてるかな?期限に間に合うかな?やり方間違ってないかな?など)を取り除くことが出来る等。



新人として日々の業務の中でマメに報告、要点を絞った相談を行い、スピード感をもって何事にも取り組むことが大切だと学びました。


今回の研修で学んだことを日々の仕事に活かして、より良いクリニック作りに貢献できるように日々精進していきたいと思います。

Comments


bottom of page